寝技の可能性を探るため、異種格闘技にも参戦した異色の柔道家

コムロック、ジェントルメン中村、工場長

工場長:2011世界柔道形選手権大会「固の形」(6/14ドイツ・フランクフルト開催)優勝おめでとうございます。これで、2連覇ですね。

小室宏二(以下、コムロック):はい、ありがとうございます。この大会も今回が3回目で、自分は昨年から高野賢司先輩とのペアで出させていただいき、2度目の優勝です。

工場長:さすがですよね。乱取りでの競技生活を終えても形で世界チャンピオンというのがすごい。

コムロック:形競技は「投の形」「極の形」「柔の形」など5種目で構成されるのですが、第一回大会からすべての種目で日本代表が優勝しています。自分たちは「固の形」で予選から大きなポイント差で勝てたのでホッとしているところです。

コムロック

工場長:小室選手といえば、オリンピックの強化選手に指定されながら、柔術とか総合格闘技とか、いろんなジャンルの試合に出ているじゃないですか。そして、 その間も学校の講師や講道館職員として後進の指導にあたって実績をあげている。こういった柔道家は、ちょっとほかにはいないと思うんですが。

コムロック:そうですね、後にも先にも自分だけですね。吉田秀彦さんとか石井慧みたいに「柔道辞めます」と競技者登録から外れて参戦した人は何人かいますけど。

工場長:だって、初っぱなから"KID"とやったわけでしょ?

―――2001年4月、筑波大・大学院に在籍していたコムロックは、アマチュア選手権ながら修斗の東日本新人トーナメント戦に参戦し、みごと優勝を飾る。その勢いを駆って 6月にはプロ格闘家の大会である「The CONTENDERS Millennium-1」に出場。初戦から山本"KID"徳郁と対戦し、緊張感の高い攻防を繰り返したものの惜しくも判定負けする。

コムロック:大学卒業前後というのは、ちょうど格闘ブームが始まったころで、柔道の寝技とグレイシー柔術など他の格闘技の寝技と、どちらが強いのかな? と、 単純に興味がありました。たまたま宇野薫さんが、打撃は一切なしで、投げ技、絞め技、関節技とあらゆるものを使っていいというルールのイベントを企画していたので、 これだ! と思って出させてもらいました。

工場長:いきなりすごい人たちと戦っている。ヤノタク選手との絞め合いとか。

コムロック:矢野卓見さんとやったとき(2002年7月/THE CONTENDERS 7 NEXT)は、矢野さんに下から十字絞めで絞められながら、自分は上から袖車絞めをかけて、お互いに首を絞め合ったんですよね。

工場長:で、先に絞め落としてしまった、と。

コムロック:そうです。矢野さんが先に失神してしまった。

ジェントルメン中村(以下、ジェントル):うおー!!! お互いに絞め技を掛け合うって、すげーっ!!! 柔道の試合ではけっこうあることなんでありますか!?

コムロック、工場長

コムロック:いや、絞め合いというのはめったにないです。自分の現役生活の中ではそのときだけ。珍しいケースです。ただ、絞め技で負けたことは10数年は思い出せない。中学生くらいまでさかのぼらないとありません。

工場長:横浜での試合のとき膝を壊されそうになったことがありましたよね?

コムロック:トイカツ(戸井田克也)選手にですね。あのとき(2003年5月/The CONTENDERS 8)は、完全にやられました。トイカツ選手は、自分が一時期スポンサードされていた了徳寺学園という柔道整復師の専門学校の生徒だったんです。ぼくは柔道のトップとして、彼はプロの格闘家として、お互いに「コイツには絶対に負けたくなくない」と思って対戦しました。つまり、自分から“参った”をする選択肢がなかったので2回もキメられたんです、足首を。右にブチブチ、左にブチブチと音が鳴るほど同じ足をやられて。最終的には、得意技の袖車絞めで逆転勝ちしましたが、その後が大変でした。足首がハンドボールでも入っているではないか、というくらい腫れてしまって、走れるようになるまで2か月くらいかかりました。

工場長:でも、勝った後に柔道着をパッと脱いでトイカツ選手と交換しましたよね。あのとき着ていたのは、日本代表の道着でしたよね?

コムロック:そうです。代表のユニフォームをあげたんです。

ジェントル:感動的であります!!! やはり、なにか認めることがあったのでありますか!?

ジェントルメン中村

コムロック:そうですね。なにか、あったんでしょうね。試合が終わったら、けっこう仲良く話したりするんですよ。「いやー、あれは決まったよ」とか。

工場長:コムロックは、柔術の世界チャンピオンともやっていますよね。ビビアーノ・フェルナンデス…。

コムロック:あのときは、ジャイアントスイングをして反則負けになったんですよね。

―――2005年4月、GROUND IMPACT大会の準決勝でコムロックは柔術世界王者ビビアーノ・フェルナンデスと対戦。試合終了1分前にコムロックがクロスガードのビビアーノをジャイアントスイングで振り回して場外に落としてしまう。これがバスターとみなされ、反則負けを喫した。

工場長:あの試合、YouTubeでも見ることができますが、キレてますよね? ビビアーノが及び腰でぜんぜん組まなかった。あれは、負けるからですか?

コムロック:そう、組んだら場外に逃げる、の繰り返しで時間稼ぎをして。そして何かと審判の判定にクレームを付けて試合を中断する。あれは違うとか、これは違うとか。で、だんだんイライラしてきて投げちゃったんです。

工場長:ほんとうに、スゴイ人たちとやっている。ほんとうは、柔道の人はそういうところに出ちゃいけないんですよね。

コムロック:そうですね。自分はそのとき現役の強化選手でしたから。そのへんは非常にあいまいなまま総合格闘系の試合に出ていました。

工場長:それが許されたのは人柄なんですかね?

コムロック:まぁ、石井慧と比べたらそうかも知れない(一同爆笑)。連盟は、そうした対応を杓子定規に決めているわけではないので、それはあるかも知れないです。

〈その2へつづく 2011年7月22日〉

次へ


小室宏二-柔道固技教本-〜寝技で勝ちたいすべての柔道家へ!

小室宏二-柔道固技教本-〜寝技で勝ちたいすべての柔道家へ!

伝統の技から流行の技まで、小室流寝技の集大成。実演写真でわかりやすく解説。柔道家必読のバイブルです。

コムロックサイン入り特製Tシャツ

コムロックサイン入り特製Tシャツプレゼント

下記「応募する」ボタンをクリックし、メール本文に 1.お名前、2.性別、3.年齢、4.電話番号、5.住所、6.絆工場や対談へのご意見・ご感想をご記入の上、送信してください。ご応募いただいた方の中から、抽選で1名様にプレゼント!〈XLサイズ〉[応募期間]2011年8月15日まで

応募する


ホーム

感想を送る

(c)絆工場 All Rights Reserved 2011